「学芸大学駅」の思い出 目黒の不動産

娘が新卒社員として、都内で就職することになった。
私たち夫婦が、まず気になったのが住むところ。
娘は横浜に住む親戚の家に居候させてもらいながら、自分でアパートを探すという。
私は迷わず目黒の不動産屋に行きなさいと言った。
できれば東急東横線「学芸大学駅」あたりがいいと。
ここは私が学生時代に住んでいたところ。
目黒は落ち着いた独身生活を送る上で最適な環境であると思うからだ。
「学芸大学」駅から駅前商店街を通り過ぎる途中で必要なものはなんでも揃う。
また、通勤でもJR渋谷駅やJR目黒駅まですぐに行ける。
父の押しつけに、少々迷惑気味な表情の娘だが、どうやらグーグルで目黒区を調べているらしい。
目黒の不動産は、都会生活の第一歩を、滑らかにスタートさせることができることを私はよく知っている。